運営スタッフ紹介

コワーキングマネージャー

兼子政慶(特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク 事務局次長)

 石巻市生まれ。本法人では経営企画や総務の他、本創業支援事業、地元女性の雇用創出を目的に実施するハンドメイドアクセサリーの販売事業と手仕事委託事業を担当。販売管理や、販路開拓、都市部企業との取引等を取り仕切る。また、自身も起業しており事業創造、経営にも尽力している。

 

 

 

経営アドバイザー

山口智大(特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク事務局長)

大阪生まれ。石巻市在住。平成18年から23年まで、京都に本部を置く国際協力NGO、公益社団法人日本国際民間協力会で、途上国での村落開発事業や国内環境保全事業を担当。東日本大震災発生時には、現地調査および支援事業現地担当として陸前高田市、名取市にて活動。23年に同会退職後、24年度より当法人が実施する平成24年度復興支援型地域社会雇用創造事業担当として入職し、26年より現職。法人の経営企画、経理、総務、人事などを担う。

 

相談業務では、特に非営利団体の事業計画策定、マーケティング、人的資源管理などを中心に幅広く担当します。

 

 

佐々木秀之(宮城大学事業構想学部准教授)

1974年仙台市生まれ。岩手大学農学部卒業後、会社員・議員秘書を経て、東北学院大学大学院経済学研究科博士課程修了(博士(経済学))。東日本大震災後、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスでの社会起業家育成、復興まちづくりに従事。東北ソーシャルビジネス推進協議会事務局長 著書『歴史としての東日本大震災』(刀水書房)、『東北復興ソーシャルビジネスケースブック・地域から「未来の東北・日本」を生み出すための事例集』(2015、一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク)ほか

 

 

日野一義(税理士)

石巻市南境出身、石巻商業高校卒業後、上京。1982年12月31日生まれ。東京の税理士事務所で4年半勤務し、平成25年7月、横浜にて独立開業。

<日野アドバイザーの方から皆様へ>

 自分が持っている会計・税務の知識で、私の地元である石巻で起業された方、起業予定の方の力に、且つ、石巻の経済・雇用の活性化に貢献したいと考えております。いまは横浜に事務所を構えていますが、メール、電話等を使い、フットワークの軽い対応を心掛けています。実際のところ毎月、仙台・石巻に帰省しているので、距離の心配もないものと考えています。どうぞお気軽にご質問ください。

 

  

八木寛彰(八木経営士事務所代表)

1974年東松島市生まれ。石巻商業高校・東北学院大学法学部卒業後、地元金融機関や会計事務所を経て、平成26年4月にコンサルタント事務所を開業する。また会計事務所勤務時は、石巻専修大学大学院経営学研究科経営学専攻と東北学院大学大学院経済学研究科経営学専攻の修士課程を修了している。現在は、地元中小企業の皆さまに経理支援業務、経営計画策定支援業務、創業支援業務、企業承継業務を行っている。

ご相談の際は、会社経営(主に財務)に関する知識と実務経験を活かし、相談者の方々の目線に合わせたご対応をしていきます。是非お気軽にご相談ください。

経営士、ファイナンシャル・プランナー、相続診断士

 

 

  

野々村美代子(キャリアコンサルタント)

法政大学経営学部卒業後、クレジットカード会社の日本信販(現三菱UFJニコス)、人材サービス会社のインテリジェンス(現パーソルキャリア、パーソルテンプスタッフ)、ネオスタッフにて、人事、営業を経験。クレジットカード会社では、採用・社内研修講師育成担当、人材サービス会社では、人材紹介・人材派遣事業に計18年携わる。現在は、フリーでキャリアカウンセリング、研修講師として従事。2016年にグロービス経営大学院を卒業。

・国家資格キャリアコンサルタント ・GCDF-Japan キャリアカウンセラー ・経営学修士(MBA)