開催報告


これから創業する人と創業から3年未満の経営者のための

第1回 創業・経営の基本セミナー

日時:9月5日(金)、6日(土)、12日(金)、13日(土)
場所:ロマン海遊、カフェバタフライ
総申込者数:21名
特定創業支援事業による支援を受けた証明書発行可能者数:8名

9月5日、6日、12日、13日と「第1回創業・経営の基本セミナー」を開催し、全4日のセミナーを終えました。

経営(マネジメント)、財務・会計は特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティ代表の能島さんが講師を務めました。
第一日目(経営)では、基本的な経営のノウハウや”経営者”のイメージ、また参加者間のコミュニティづくりのためのワークなど、盛りだくさんの内容でした。
 
第二日目(財務・会計)では、まず財務とは何か経理とは何かをワークを交えながら参加者の理解を深め、その後創業支援金の選び方・活用方法、商品においての価格設定の考え方などを学びました。
経理面は、経営者にとって中々理解が進まないという課題もあり、参加者の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

第三日目(販路開拓)では、ブルームコンセプト代表取締役の小山さん、マネージャーの片岡さんを講師に迎えました。マーケティングにおける最先端の考え方矢クリエイティブな発想方法などなかなか石巻に居ては学べないような貴重な講義でした。

そして、締めくくりである第四日目(人材育成)です。講師は一般社団法人ダイバーシティ研究所代表の田村さん。ご自身の体験を織り交ぜながら語られる経営者像、そして"いかに人材を選出するか”から”その育成方法”までを丁寧に講義下さいました。
 
この全四日のセミナーを通して、参加者のスキルアップはもちろん、参加者間の交流や講師との交流も生まれました。また、当コワーキングスペースによる経営アドバイザーを是非利用したい等の声も上がり、起業家の経営者意識の向上、これから起業する方の起業意欲高まりを感じられる、今後に確かに生きるセミナーとなりました。
次回は11月に開催予定です。
(文責:兼子政慶)

講師紹介

能島裕介(NPO法人BrainHumanity理事長 NPO法人edge理事)

大学在学中に、BrainHumanityの前身となる「関学学習指導会」を設立し、阪神・淡路大震災で被災した児童への無料家庭教師を通した支援活動を展開。その後、現在のBrainHumanityを発足し、若者による多様な価値の創造と子どもたちへの多様な価値の提供している。非営利組織、特に学生や若者を主体としたNPOのマネジメント支援を専門とする。この他、東北復興支援では、創業期の事業者への会計業務のサポートにも尽力。

 

小山龍介(株式会社ブルームコンセプト 代表取締役)

松竹株式会社プロデューサーとして歌舞伎をテーマにした新規事業立ち上げに携わったあと、株式会社 ブルームコンセプトを設立。HACKS!ノートをはじめとした新商品開発や新規事業プロデュースを手がける一方、ライフハックやビジネスモデル・ジェネレーション手法に基づく講演・セミナー・企業研修を行っている。主な著書に『IDEA HACKS!』『整理 HACKS!』『クラウド HACKS!』(いずれも東洋経済新報社) 『STATIONERY HACKS!』(マガジンハウス)などがある。

 

田村太郎(一般社団法人ダイバーシティ研究所 代表理事)

兵庫県生まれ。高校卒業後、海外を放浪。阪神・淡路大震災で 外国人被災者支援や民間による復興まちづくりに従事し、20 以上のNPOの理事や会社役員を務める。2004年から社会起業家をめざす若者のためのビジネスプランコンペ「edge」を主宰。2007年には「ダイバーシティ研究所」を設立し、CSRや 自治体施策を通した社会課題の解決に取り組むほか、2012年 2月からは復興庁上席政策調査官として、東北復興に携わる。 甲南女子大、関西学院大学非常勤講師(社会起業論)。